意外と知られていないうつ病のお話|治療期間と症状

気持ちの持ち方が大事

医者と看護師

うつ病は、現代の進歩した科学をもってしても完治することが難しい病として知られています。その理由としては、人の気持が大きく関わってくるということと、激的に症状を改善できるような特効薬がないからだといえるでしょう。特に、気持ちの持ち方はうつ病と戦う際は非常に重要なポイントとなってくるのです。うつ病の症状を改善するためには、長期間の治療が必須といえます。その長期間の間で、数え切れない程の気分のアップダウンを経験することになるでしょう。症状が改善へ向かっていたとしても、ある一つの出来事がきっかけとなり、また振り出しに戻ることも珍しくないのです。
このような要素があることから、うつ病の改善は非常に難しいのです。人の心は薬で思い通りに操作することはできません。ですから、本人や周りの人の協力が肝心になってくるのです。本人には、症状を改善したいという気持ちはもちろんあります。しかし、自分ではどうにもすることができないのです。このことから、うつ病患者には周囲の助けが必要不可欠となります。うつ病患者は治療薬を毎日飲みながら、うつ病の症状が進行しないように食い止めようと頑張っているのです。しかし、気持ちや意志を強く持つことが難しいため、周囲に励ましてくれたり理解をしているというような言葉をかけてあげる人がいなくてはなりません。
うつ病患者に対して、カウンセラーの人は説教などは一切しません。また、否定的な発言もありません。基本的に受け入れるような言葉を使い、うつ病患者の人と接します。これは薬だけの治療よりも効果があるといえるでしょう。精神的な支えとなることは、うつ病患者の治療をするのと同じと考えましょう。うつ病の症状には、急進期から寛解まであります。寛解までいけば、うつ病はほとんど良くなっている状態といえるでしょう。うつ病の人はこの症状の進行などを頭に入れた上で、日々治療にあたるようにすれば励みになるといえます。目標があれば、人はその目標を目指すという行動する理由ができるのです。行動する動機や目標ができれば、生きる意味も見出すことができます。うつ病の人にとっては、気休めでも良いのでこのような考えが必要になってきます。そうすることで、長期的に治療を頑張れるようになる可能性が出てくるでしょう。