意外と知られていないうつ病のお話|治療期間と症状

食事で予防

婦人

食事の影響

うつ病の予防・改善に食事は大きく影響します。例えば、大好物を食べている時人は幸せな気分になり、ストレスが軽減します。これだけでもうつ病予防に十分な効果が見込めます。しかし、それだけではなく、食事に含まれている栄養素によってうつ病を予防したり、症状を改善することも可能です。なお、食事でうつ病を予防する上で最も大事なのは「バランスよく食べる」ということです。ここで紹介する食事はたしかにうつ病予防や改善に役立ちますが、だからといってそれだけを食べればよいというわけではありません。栄養バランスよく食べることで体のホルモンバランスも改善され、うつ病予防につながるのです。そのため、まずはバランスのよい食事を心がけ、次に予防に効果のある食材を取り入れましょう。

おすすめ栄養素

まず、うつ病予防に適した食材で代表的なのが、乳製品です。乳製品には「トリプトファン」と呼ばれるアミノ酸が含まれており、このアミノ酸を摂取することで脳内神経伝達物質であるセロトニンを増やすことができます。そして、セロトニンを増やすことにより、それはメラトニンへと変わり、快眠効果を得ることができます。そんなトリプトファンですが、タンパク質にも含まれています。つまり、肉や魚類を摂取しても得ることが可能です。次に、うつ病をすでに発症しており、味覚障害などでご飯が美味しく食べられない時に摂取するべき栄養素を紹介しましょう。亜鉛です。亜鉛は細胞の生成に大きく影響している栄養素であり、摂取することで細胞の回復効果などが期待できるとされています。特に舌の味を感じるための味蕾は亜鉛と深い関わりがあり、亜鉛が不足することによって味覚障害を起こしやすくなってしまうのです。また、うつ病により唾液の分泌量が減ることでも味蕾はダメージを受け、味覚障害に陥ってしまいます。よって、亜鉛を摂取して味蕾の細胞回復を促進させることで、味覚の改善につながります。

サプリメントで代用

うつ病になると、味覚障害のほか無気力状態に陥ってしまうので食事をする意欲は失われていることが多いです。そんな時に無理矢理食べさせるというのは絶対にしてはいけません。そんな場合は、食事の代わりにサプリメントで上記の栄養素を摂取しましょう。これならば食事のような手間はかかりません。しかし、できることなら栄養は食事で摂ったほうが良いです。顎を動かすことにより脳に刺激を与え、良い影響がでるからです。